脇汗を抑える方法!制汗スプレーとクリームどっちが効果的?

わき汗は臭いの原因にもなりやすいですし、気にしている方も多いのではないでしょうか。

 

服にわき汗が染みていると、腕を挙げたりする動作も気になりますよね。そこで今回はわき汗を抑える方法についてご紹介します。

 

制汗スプレー

よくドラッグストアで見かける制汗スプレーは、わきに使うとわき汗を抑える効果があります。

 

しかし使い過ぎると、わきの皮膚を乾燥させてしまい、それを防ぐためにより汗が出てくることもあるので、注意が必要です。

 

お手頃な価格で買うことができるので、試しに買ってみて効果をみてみてはいかがでしょうか。

 

クリームタイプの制汗剤

ドラッグストアに売っている制汗スプレーでわき汗を抑えられる方はそれでいいのですが、スプレータイプよりも塗るタイプのものの方が、わき汗を抑える効果は高いです。

 

塗るタイプだと保湿効果が入っている制汗クリームも多いので、スプレーのときのように肌が乾燥しないのも嬉しいですね。

 

学会などでもその効果が認められている「塩化アルミニウム」配合のものは、わき汗を抑える効果が高いと言われています。

 

スプレータイプとクリームタイプどっちが効果的?

脇汗で悩んでいる人は断然クリームタイプのデオドラント剤がおすすめです。その理由は汗への強さです。脇汗を掻いてしまうと成分が流れやすくなります。特にスプレータイプは汗に弱いので有名です。あくまで臭い予防や脇の下の乾燥に役立つ程度で、本格的な脇汗の悩みには不向きです。

 

一方クリームタイプは汗に強く、しっかりと脇の下に馴染んで脇の下を収れんさせ脇汗の分泌を抑えてくれます。

 

市販品でのケアはクリームタイプがおすすめですが、それでも効果がいまいちという場合は医師に診てもらうことをおすすめします。場合によっては薬が処方されたり、手術の選択肢を提示されることもあります。

 

以下少し触れておきましょう。

医師に診てもらい、施術や薬を処方してもらう

それでもわき汗のトラブルが解決しないという方は病院に行って施術を受けることもできます。

 

一般的には皮膚科や美容外科に行き、診察してもらいます。「多汗症」と診断された場合は、塗り薬が処方されたりボトックス注射をすすめられることもあります。その人の症状に合わせたわき汗治療を受けます。

 

なかには手術をおこなうケースもあるかと思います。

 

わき汗を抑える手術は、費用がだいたい10〜20万円以上かかりますが、半永久的に汗を抑える効果が続きますので、手術を受けるのも一つの手段です。病院での治療は、市販の制汗剤などに比べて効果がはっきりと出ますので、わき汗にひどい悩みを抱えている方は一度診察してもらってはどうでしょうか。

 

まとめ

今回はわき汗を抑える方法についてご紹介しました。

 

夏だけでなく、1年中を通して悩む方もいるかと思います。自分に合った方法を見つけて、快適に過ごしたいですね。

更新履歴